SUITS(スーツ)【3話】ファームとは?アソシエイトとは?


SUITS3話KAMIYAの時計屋さんの次期社長は・・・?

今回のスーツも楽しく拝見致しました!

タイトルにもありますが、スーツを毎回見ていて

?専門用語???という言葉が結構出てきますよね?

(私だけ?)

なので今回はそこを解読してみようと思います。

ちなみに今回3話では「KAMIYA」という時計のブランドが

出てきましたが、SUITSで織田裕二さんや中島裕翔君がしている

時計はこちら→SUITSで彼らがつけている時計

さて、その前に3話のあらすじからいってみます。

SUITS3話あらすじ

ストーリー #3

甲斐(織田裕二)は、一緒にクライアントの元へ行きたがる大輔(中島裕翔)に、必要ないと言い放つ。甲斐に同行することはおろか、会議への参加も認めてもらえない大輔は、パラリーガルの真琴(新木優子)に、仕事が欲しいと愚痴をこぼす。それを聞きつけた 蟹江(小手伸也)は、大輔を外に連れ出す。

甲斐は、社長の加宮忠が急死した老舗時計メーカー『KAMIYA』を訪れていた。KAMIYAでは、娘の静佳(東風万智子)と取締役の安樂孝志(久松信美)が葬儀を巡ってもめていた。臨終に立ち会ったという古株の工場長・岡林達樹(きたろう)も不機嫌で……。

同じころ、大輔は、総合格闘技の道場で蟹江のスパーリング相手を務めていた。そこに、世界的なゲームメーカー『BPM』のCEO兼チーフクリエーター・藤ヶ谷樹(柳俊太郎)がやってくる。蟹江の狙いは、ハーバード大学で藤ヶ谷と同期だった大輔を利用して自分を売り込むことだった。困惑する大輔。しかし、ハーバード入学直後にゲームが売れ始めた藤ヶ谷が授業どころではなかったことを知った大輔は、ほっと胸をなでおろす。BPM社のゲームで世界ランキング入りしたこともある大輔は、それがきっかけで彼と意気投合する。

甲斐は、社長が亡くなる前から安樂たちが国内工場を閉めて東南アジアに生産拠点を移そうと暗躍していたことを知る。甲斐は、取締役会で安樂が新社長に任命される前に、他の社長候補者を見つけようと動き出すが……。

それにしても、毎回小手伸也(蟹江役)はコミカルだけど邪魔をしてきて

モヤモヤします(笑)アンパンマンでいうところのバイキンマンですね。

やはり役者が良いからモヤモヤするんでしょうね。

SUITSに出てくる今更聞けない用語達

「ファーム」・・・大手法律事務所

「アソシエイト」・・・若手弁護士が事務所に雇われる事

「パラリーガル」・・・弁護士資格は不要の簡単に言えば法律に関する事務職及び補助

「シニアパートナー」・・・事務所の経営に参加出来る、出資者としての地位も持つ弁護士

いかがでしょうか?ちなみにファームはローファームという方が

正確な感じがしますが英語ですね。

↓有名なリーガルものと言えばこの映画です。

スーツを見逃してしまった方必見

FODプレミアム←クリックでサイトへ移動し〼。

スーツを見逃した方、

FODでご覧になれます。

しかも今なら新規登録で31日間無料で見放題♪

(期間内なら解約しても費用は発生しません)

※ご注意※

見逃し配信や無料動画を見ようとして「無料動画共有サイト」

を利用しようとしている方。

違法にアップロードされた動画は著作権侵害にあたり、

違法視聴をした場合でも同罪と見なされ最悪罰金200万以下を

科せられてしまいますのでやめておきましょう。

画面も小さいし、

画質や音も悪いのを見てその上犯罪なんて最悪ですよね?

ですので、公式動画配信サービスを使いましょう♪



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする